itunes connect

iOSアプリ開発

初心者向けにiOSアプリ開発からリリースまでの手順を丁寧に解説!

iPhoneやiPadのアプリ作ってリリースをしてみたいけれど、実際に何をしたらアプリ開発ができるのか分からないから教えて欲しい今回は、初心者向けにアプリ開発からリリースするまでの手順を一通り紹介していきます。

目次

  • iOSアプリを開発・リリースしてユーザーが使用するまで
    1. アプリ開発に必要なXcodeを準備する
    2. SwiftUIを使ってアプリの画面を作る
    3. Swiftで処理プログラムを書く
    4. 開発したアプリをビルドしてテストする
    5. 開発したアプリをApp Storeに登録・配信する
  • 初心者におすすめしたい本やグッズ
    1. iOSアプリ開発の勉強におすすめの本
    2. アプリ開発者が愛用する開発に便利なグッズ

iOSアプリを開発・リリースしてユーザーが使用するまで

  1. アプリ開発に必要なXcodeを準備する
  2. SwiftUIを使ってアプリの画面を作る
  3. Swiftで処理プログラムを書く
  4. 開発したアプリをビルドしてテストする
  5. 開発したアプリをApp Storeに登録・配信する

アプリ開発に必要なXcodeを準備する

iOSアプリを開発するためには、Xcodeという開発環境をMacにインストールする必要があります。インストールが終わるとXcodeプロジェクトが作成できるので、プロジェクトを作ってその中でプログラムを書いていくことでアプリを開発することができます。

SwiftUIを使ってアプリの画面を作る

アプリを開発する時は、必ず画面を設計する必要があります。アプリの画面は、SwiftUIというフレームワークを使って開発することになります。SwiftUIは、インタラクティブにUIを実装できるようにしたフレームワークです。階層化されていてUIの配置がわかりやすくなっていて、デザインの変更が簡単にできるようにインターフェースとても作りやすくなっています。JavaScriptフレームワークのReactを使ったことある人なら馴染みやすいと思います。



Storyboardを使ってアプリ画面を作る

また、Storyboardというアプリの画面を作成するファイルを使って作成することもできます。Storyboardでは、表示されたアプリ画面にパーツを置いていくだけで作ることができますが細かい調整などで少し難しいことがあります。アプリ開発では、いずれプログラムを書くことになるのでSwiftUIで作ることをおすすめしています。



Swiftで処理プログラムを書く

アプリの画面を作ったら設置したボタンやテキストビューの処理を追加する必要があります。例えば、プロフィールの更新をするため入力された内容を保存ボタンを押したときにサーバーに送るといった処理です。



サーバーに画像やデータをアップロードする

iOSアプリを開発するときにおすすめしたいのが、Firebaseというモバイルアプリ向けのインフラサービスです。アプリ開発向けに作られていて、インフラ環境を自身で作る必要がなくサーバーが利用できるようで積極的に使っていきたいところです。


PHPやRubyなどウェブサービス開発向けの言語でAPIなどを作りたい場合は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

開発したアプリをビルドしてテストする

アプリを一通り開発したらビルドして動作を確認していきます。Xcodeでは、iPhoenやiPadをMac上で動かせるシミュレーターがあるのでそれを使って動作を確認することができます。また、実機を持っているのであればMacに接続することでビルドすることもできます。動作確認をして不具合などが見つかったら、修正してアプリをリリースする準備をしていきます。


開発したアプリをApp Storeに登録・配信する

iOSアプリをApp Storeで配信するためには、Apple Developer Programというものに登録する必要があります。登録が終わると、アプリをリリースする準備をしていくことができます。アプリをリリースするには、iTunes Connectにアクセスしてアプリの情報を登録していきます。このとき、アプリのバイナリをApp Store用の証明書を使ってビルドしてアップロードする必要があります。

アプリの情報登録が終わると、Appleの審査に申請できます。審査の結果次第で、アプリの不具合や情報の不足などが見つかることがあるので修正して再度審査に出します。審査が通れば、アプリを無事配信することができます。配信されたら、自身のアプリをApp Storeからダウンロードして確認します。

初心者におすすめしたい本やグッズ

アプリを初めて作るという人にいくつかオススメしている本や、僕が実際に開発環境で使っている便利なグッズをまとめた記事を紹介していきます。

iOSアプリ開発の勉強におすすめの本

iOSアプリ開発の初心者〜中級者向けにおすすめの本を紹介しているので参考にしてみてください。

アプリ開発を学びたい人におすすめスクール

プログラミングをやったことがない人でもアプリ開発を学ぶことができるプログラミングスクールを以下の記事で消化しているので参考にしてみてください。

アプリ開発者が愛用する開発に便利なグッズ

僕が実際に自宅の開発環境で使っているグッズです。自分なりに快適な環境を作っているので気になる方は参考にしてみてください。

現役のアプリエンジニアが開発で工夫しているポイントやグッズを紹介!Prev

初心者向けにAndroidアプリ開発からリリースまでの手順を丁寧に解説!Next

Related post

  1. iOSアプリ開発

    iOSアプリ開発者が本当にオススメする6つの技術系サイト

    今回は、iOSアプリエンジニアとして実際に良く参考にしているサイトを紹…

  2. iOSアプリ開発

    IBDesignable、IBInspectableを使ってStoryboardでデザインする方法

    iOSアプリ開発をStoryboardを使って開発している方も増えてき…

  3. programming

    iOSアプリ開発

    人気iOSアプリが作れるようになるおすすめの本8選

    アプリ開発にチャレンジできていなかったりアプリ開発に詰まってしまったり…

  4. swiftui

    iOSアプリ開発

    初心者でもiOSアプリ開発ができるSwiftUIを触ってみよう

    iPhoneアプリ作ってみたいけど「アプリ開発って難しそう」「作り方が…

  5. iOSアプリ開発

    iOSアプリ初心者が覚えておきたい10のUIクラス

    iOSアプリを開発したいけど、最初は何を知っていたら開発できるのかわか…

  6. dark-mode

    iOSアプリ開発

    iOSアプリでダークモードに対応する様々な方法

    アプリやOSのUIを全体的に黒を基調としたデザインにする機能で、201…

PAGE TOP