本を読むことから何が生まれるのか

Book

僕は本は積極的に読む派なのですが、本は読まないという方も身の回りにたくさんいます。でも、読むことにメリットを感じないという人はあまり聞いたことがありません。

身の回りに「私は本を読まないんです。活字が苦手で。。」という人が時々います。それを聞くと、「読み慣れてないだけじゃないのかな。読めば慣れるし、学べることも多いのに。」と思ってしまうことが多いです。

本を読まないことを否定している訳ではなく、「(読みたいけど、)活字が苦手で読まないんです。」という印象を受けるということです。

でも、そう思ったとしても人それぞれなので、基本的には言わないようにしています。

そこで今回は、どうして本を読むとどういうメリットがあるのか少し整理していってみたいと思います。

本を読むことがなぜいいのか。

本は非常に多くの人たちが書いています。そこには、その人の考え方や意見が書き出されています。

本に書かれている考えなどには、自分の今までの考え方にはないようなものが多く書かれているのでとても刺激になるし、自分の考え方をより広くすることができます。

それだけでなく、ある程度発行部数が多いような本では自分の知らないような知識が多く取り入れられています。それだけでも、非常に多くの知識を得られます。本を読むことはとても勉強になるのです。

本から見えてくること

本を読むことは、自分の考え方や知識の幅を広げることができるということを紹介しました。その他にも、本から得られることはあります。

多くの本は、出版社の編集者が著者の書いた文章を校正しています。それは、出版した後に多くの人が読みやすいようにするためです。多くの人が読みやすいということは、構成がしっかりしている・わからない言葉をできる限り伝わるように訂正しているということです。

ここから、読みやすい文章構成や読者に伝わる表現などが学べることがわかります。

最後に

本を読むことを僕個人としては非常におすすめしていますが、やはり読む読まないは個人の自由です。

本を読むことで学べることも多いし、活字慣れもしていきます。活字が苦手だから読めないのではなく、読んでないから活字に慣れてないのではないかと僕は思っています。

今回書いた記事の他にも、日々役に立つ情報を以下のアカウントでSNSで配信しています。