関係代名詞がすぐ分かるWho・Which・Whatの使い分け

文法には、必ず役割というものがあります。どの文法がどういった役割を持っているのかを知るのがとても大事です。

文法の役割について理解を深めていけば、英語の知識というのは身につけやすくなります。英語で文章を書いたり、会話をしたりするにしても役割を分かっていないと、思ったことが上手く伝わらなかったりします。関係詞にも当然役割というものがあります。

関係詞とは一体どういうもので、どういったときに使うものなのか知って英語力をぐんぐん上げていきましょう。

今回は、英語文法の関係詞を解説していく。

文法には、必ず役割というものがある。どの文法がどういった役割を持っているのかを知るのがとても大事になる。

文法の役割について理解を深めていけば、英語の知識というのは身につけやすくなっていく。英語で文章を書いたり、会話をしたりするにしても役割を分かっていないと、思ったことが上手く伝わらなかったりすることもある。関係詞にも当然役割というものがあるのでしっかり押さえたい。

関係詞とは一体どういうもので、どういったときに使うものなのか知って英語力をぐんぐん上げていこう。


関係詞の役割

関係詞は、言葉を具体化する役割を持っている。形容詞、副詞のような役割をする。具体的にいうと、〜した人・〜みたいな人・〜している物などや名前など、付け加えることでより具体的に表せるようになるという表現だ。

 

some personやa cat・a windowなど、単体では具体的な意味を持たない言葉があった場合、そのまま文中で使っても相手は具体的なイメージがしづらい。”ケンカしている猫”、”割れた窓”の方がより具体的で想像しやすくなるだろう。

 

関係詞は、修飾する文章節(形容詞節、副詞節、名詞節)を作って言葉を具体化するという役割を持っている。

 

関係詞には主に3種類あります。関係代名詞、関係副詞、複合関係詞です。今回は関係代名詞を扱う。

 

関係代名詞には、
形容詞節系:(人)who, whom, whose, (モノ)which, when, where, that
名詞節系:what

 

といったものだ。主に、人に対してはwho, whom, whoseを使う。そうでないものに対しては、which, when, where, thatを使う。

 

上記で~everは挙げられていないが、これらは形容詞節や名詞節を作るものではないためだ。ここでは、形容詞節や名詞節を作る関係代名詞を扱っていく。

関係代名詞のポイント

関係代名詞のポイントは、形容詞節や名詞節を作るという点だ。
関係代名詞には2つの種類がある。

 

① 先行詞を持つ系:who, whom, whose, which, that
② 先行詞を持たない系:what

 

①は形容詞節を作る関係代名詞になる。形容詞は修飾する対象が必要なため、修飾する対象が関係詞の前にある必要がある。①系は、関係代名詞を使用する際に節から名詞が1つ減る。

 

②は名詞節を作る関係代名詞になる。名詞節を作り出すため、言葉を修飾する必要がない。そのため先行詞もないということになる。②系は、関係代名詞を使用する際に節から名詞はなくならないことが重要だ。

 

①、②で文章の作り方が異なる。
実際に実例を出して説明をするので、これらのポイントをしっかり押さえていこう。

 

①の実例

では、実際に実例を使って解説していく。

 

まず、以下の文章を①の関係代名詞を使って作り直してみよう。①は形容詞節を作る関係代名詞だ。

 

There is a cat. It is sleeping on my car.
猫がいます。それは、私の車の上で寝ています。
この例文では、a catという名詞が出てくる。この”a cat”からは猫ということはわかるが、どういったことをしている猫なのかはわからない。そのため、続く文章で補足していく必要がある。①の関係代名詞は、意味を補足する形容詞節を作ることができると説明した。a catを具体的にしてみる。

 

There is a cat which is sleeping on my car.
私の車の上で寝ている猫がいます。
whichを使うことで、後ろに続く文章がa catの意味を修飾している。形容詞節として書き直すことができている。この場合、後ろに続いていた主語のitをwhichに書き直している。①系の関係代名詞の場合は、whichに置き換えられる名詞が修飾する文章側に存在しているためwhichに置き換えられている。

 

②の実例

関係代名詞whatを使った例を挙げてみよう。whatは名詞節を作る役割を持っていた。

 

He was surprised. A cat run away.
彼は驚きました。猫は逃げました。
前半の文章のsurpriseは自動詞の動きをしているので、目的語を必要としない。でも、このままでは彼は何で驚いたのかはわからない。では、後半の文章をwhatを使って目的語として使っていこう。

 

He was surprised what a cat run away.
彼は逃げた猫に驚きました。
もっとわかりやすく訳すのであれば、”猫が逃げたことに、彼は驚きました”。
whatを使うことで後半の文章を目的語として使うことができた。この場合、前半の文章にもともと一般名詞がなかったので後半の文章に使われている一般名詞のa catはそのまま残ることになる。

 

応用例

前置詞+関係代名詞

ここで、少し応用例として前置詞+関係代名詞を使った例をあげてみよう。

 

That is a park. A cat lives in it.
あれは公園です。猫がそこに住んでいます。
この文章では、後半の文章で前置詞が使われている。まずは、先ほどと同じ手順で関係代名詞を使って繋げてみよう。

 

That is a park which a cat lives in.
 後半のitは、前半の文章のthe parkを示しているのでwhichに置き換えられた。なので、置き換えた後の後半の文章はitがなくなってinで終わっている。

 

この文章では、もともとitに前置詞としてinが使われていた。前置詞が使われている場合、itを関係代名詞として置き換える際に以下のように一緒に前置詞を持っていくことができる。

 

That is a park in which a cat lives.
これが前置詞+関係代名詞になる。また、前置詞+関係代名詞はwhatに置き換えることもできる。

 

That is a park what a cat lives.

まとめ

今回は、関係代名詞の役割について学んできた。関係代名詞の役割は、形容詞節や名詞節を作ることだ。
文法は、それぞれの役割を覚えることで暗記をせずとも覚えることができる。関係詞も役割を覚えれば難しくないだろう。更に言えば、応用もしやすくなる。ぜひ、今回のことを踏まえて勉強いこう。
今回書いた記事の他にも、日々役に立つ情報を以下のアカウントでSNSで配信している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です